All-in-One Event Calendarの使い方

All-in-One Event Calendarとは

シンプルなカレンダーを、固定ページに表示することができるプラグインです。

シンプルながらも、GoogleカレンダーやiCalと連携することもできるので、イベント等が多い人は便利かもしれません。カレンダーは月や週間での表示もでき、ウィジェットにも対応しています。

All-in-One Event Calendar1

 

カレンダーを表示する固定ページを作成する

まず、カレンダーを表示する固定ページを作成しておきましょう。

 

プラグインをインストールする

このプラグインは、管理画面から「プラグインを検索」してインストールもできますし、プラグイン公式サイトからダウンロードすることも可能です。

 

インストールするだけではプラグインが利用できないので、プラグイン管理画面に表示された「Click here to set it up now 」をクリックして設定をします。

カレンダーを表示する

セッティング画面が開いているので、カレンダーを表示するページを選択しましょう。下記赤枠の部分で、先ほど作成した固定ページを選択してください。

できたら、ページ下部の「Save Settings」をクリックして保存します。

 

先ほど作成した固定ページを見てみると、白紙のカレンダーが反映されています。また、赤枠部分を選択すると表示形式を変更することができます。

(1日単位、週単位、月単位、予定一覧)

 

イベントを作成する

今のままではただカレンダーを表示しただけなので、イベントを作成していきましょう。

ダッシュボートに「Events」というメニューが増えているので、この機能を利用してイベントを追加していきます。

まずは「Add New」をクリックしてください。

 

イベントの詳細を入力するタブがあるので、必要に応じて入力してください。

また、Googleマップも表示できます

 

その下に通常の入力フォームがあるので、イベントの説明などを追加しましょう。

 

入力できたら、普通の記事と同じように「公開」をクリックしてください。

WordPress上のカレンダーページを見てみると、しっかりイベントが表示されています。